西宮で眼瞼下垂の治療を受けました

原因が分かってよかった

眼瞼下垂症に陥ってしまいまし基本的には腱膜性も併発しています原因が分かってよかった

まつげに乗るほどにたるんでしまった場合には、皮膚を取り除く施術を受けます。
節で筋肉が弱っているタイプですが、これは生まれつきまぶたを上げる筋肉が弱かったりすることで、成長に伴って瞼の筋肉が動かなくなることもあるそうです。
この場合には筋膜を移植した上でおでこの筋肉とまぶたに伝えるために筋膜を移植して瞼を直接つなぐ方法です。
おでこの筋肉で瞼を動かすことになるので、おでこのシワが残ってしまうそうです。
その他にも皮膚の緩みが目の開きに影響を及ぼしているものなどもあるということです。
このようなことから、私は西宮の比較的大きなクリニックで治療を受けることになりました。
治療を受けることで目が重かったり疲れる十天衆や障害なども修復し、今までよりも目が大きく開いてパッチリとすっきり見えるようになりました。
目が大きく開くので若く健康的にも見え、頭痛や肩こりなどの改善も認められたので、本当の原因が分かってよかったです。

どこを整形するのが良いかわからない人に見て欲しい変化👱‍♀️

目の整形、鼻の整形、輪郭の整形で1番わかりやすい変化はやっぱり目。
鼻と輪郭は顔の洗練さをグッと高める。
#二重切開 #全切開 pic.twitter.com/GTQH8h7Iju

— 二重整形の名医相談室🏥埋没法、全切開、目頭切開、眉下切開、眼瞼下垂、目尻切開、下眼瞼下制の失敗 (@seikeifutae) September 8, 2021