西宮で眼瞼下垂の治療を受けました

基本的には腱膜性も併発しています

起きていても疲れやすく、眠ってもなかなか疲れが取れない状態で、負のループに陥っているということがわかります。
そしてめまい気分障害と不安障害などに陥ることもあったのです。
最初はこのような症状があり、とりあえず内科に行ってみたのですが、更年期障害なのではないかと言われてしまいました。
しょうがないのかと思い生活を続けていたのですが、ある日私はいつもコンタクトをしているのですが、コンタクトの調子が悪くものもらいになってしまい、その時に訪れた眼科で、眼瞼下垂症ではないかという話があったのです。
近年非常に多いようで、具体的な症状を先生から聞くと、全て私に当てはまっていました。
一言で眼瞼下垂と言っても様々な種類があり、原因も異なります。
又それにより治療方法も異なるということです。
一つ目が腱膜性と呼ばれるもので、これは筋肉と瞼の繋がりが弱いタイプだということです。
筋肉と瞼のつながりが弱くなってしまい、筋肉を動かしてもまぶたが動かなくなる状態です。
この場合には、緩んでしまった剣幕を瞼の板に固定することで治療ができるということです。
そして老人性と呼ばれるもので、これは皮膚にたるみがあるタイプです。
加齢によって皮膚が緩んできてしまい、目を開けた時に視野障害が生じるということです。
しかし老人性の場合には程度は様々であり、基本的には腱膜性も併発しています。

眼瞼下垂症に陥ってしまいまし基本的には腱膜性も併発しています原因が分かってよかった

眼瞼下垂 西宮西宮市、眼瞼下垂手術のクリニック