西宮で眼瞼下垂の治療を受けました

眼瞼下垂症に陥ってしまいまし

眼瞼下垂症に陥ってしまいまし基本的には腱膜性も併発しています原因が分かってよかった

私は今から何年か前に眼瞼下垂症に陥ってしまいました。
最初はこの名前すら知らず、様々な体の不調が現れて、何でこんな状態になっているのだととても悩んでいました。
具体的に発生した症状としては、まずまぶたがうまく開けられないということが挙げられます。
まぶたがなんとなく重いと感じたりすることが多くありました。
そして肩のコリや首のコリもあったのです。
瞼が下がると顎を上げて視界を得ようという働きが起こることから、筋肉の緊張が強くなるので、肩の筋肉に疲労がた。
ということです。
腰痛や膝の痛みなども発生する可能性があり、自覚症状がなくても、肩を揉んでもらった時に凝ってると言われることも多くありました。
ひどくなると肩から背中にかけて強い痛みが続くこともあるようです。
そして肩のこりとともに頭痛に悩まされることもありました。
慢性的な頭痛なのかと思っていたのですが、あとからクリニックにかかった時に、眼科下垂からくるものだろうということでした。
知らない間に歯を食いしばっている可能性もあり、ここから頭痛があるケースも多いようです。
その他にも寝付けなかったり夜中に何度も目が覚める、眠りが浅く夢ばかり見るなどのこともありました。
これがひどくなってしまうと、昼間にも眠気に見舞われやすく、慢性的に疲労が蓄積してしまうことにもなります。