あなたに合ったやり方は?ECサイト構築のためのさまざまな方法

初心者にオススメのASP

ASPとは、Application Service Provider(アプリケーション・サービス・プロバイダー)の略で、ECサイトに必要な機能をネットワーク経由で利用することができます。ブラウザの管理画面でECサイトを運営でき、サイトのデザインをテンプレートから選べたり、決済機能もASPの企業が代行してくれたりします。初期費用や月額費用も安く、最も手軽にECサイトを構築できる方法です。

オープンソースソフトウェアを利用する

オープンソースソフトウェアを使ってECサイトを構築する場合は、レンタルサーバーと契約してソフトをサーバーにインストールする必要があります。インストール後に各種設定を行います。オープンソースなのでライセンス費用はかからず、比較的安くECサイトを構築することが可能です。カスタマイズやデザインの自由度は高いですが、何かあった時には自己責任ということに注意する必要があります。

パッケージを利用した方法

パッケージはECサイトに必要な機能がある程度揃っていて、レンタルサーバーなどにインストールして使用します。柔軟なカスタマイズにより複雑なシステム連携も可能です。コストはそれなりにかかるので、中・大規模なECサイトを構築するのに向いてます。

自由度が高いフルスクラッチ

フルスクラッチとは、ECサイトに必要な機能を一から作り上げる方法です。システムやデザインなどの自由度が最も高く、必要に応じて機能を実装できます。一からインフラやサーバー環境の設計や用意が必要なので高度な技術や知識が求められ、ECサイト完成までに最も時間を要する方法です。費用も最も必要とする方法なので大企業でよく採用されます。

ecサイトの構築はプラットフォームを作る必要があります。クラウドのサービスを利用する、オープンソースで作る、始めから作る方法があります。