マーケティングオートメーションって一体何なの?

マーケティングオートメーションとは

様々な企業から注目されているマーケティングオートメーションとは、一体どのようなものなのでしょうか。何となくマーケティング活動を自動化するというイメージが湧いてきますが、具体的な内容はいまいち解りにくいです。私も気になって実際に調べてみたところ、マーケティングオートメーションとは、見込み客を一元管理し、様々な販売チャンネルで活用できる仕組みや、これを実現するソフトウェアを意味しているそうです。ここでの販売チャンネルとは、店頭での販売はもちろんのこと、WebサイトやSNS、メールなど、様々な販売ルートを意味しています。またマーケティングオートメーションの形態もいくつかあり、ネットワーク上で稼働するクラウド型や、パソコンにインストールするソフトウェア型もあります。近年は、便利なクラウド型の注目が集まっているようですね。

マーケティングオートメーションの機能について

マーケティングオートメーションのソフトウェアには、様々な機能が備わっています。その1つがメールマーケティングです。この機能では事前に作っておいたシナリオを用いて、効果的に見込み客へメールを送信できます。また、スコアリングやリード管理という機能もあります。スコアリングとは、Web上での顧客の行動履歴を数値化する機能で、リード管理は行動履歴や属性情報などを保存する時に使用されます。その他、アクセスログ取得機能やソーシャル機能もあります。近年はSNSの利用シーンが増えているため、ソーシャル機能は必要不可欠な部分だと言えるでしょう。

マーケティングオートメーション」とは、数年ほど前から米国より日本に進出してきた、企業のマーケティング活動を効率的に自動化するツールのことです。