音質、それとも容量?携帯型音楽プレイヤーの比較ポイント

音質は実際に聴いてみないと判断できない

携帯型の音楽プレイヤーを選ぶ場合、どういったことを基準にするといいでしょうか。まず、気になるのが音質です。ただ、音質というのは主観的な判断で決まる部分も多く、このプレイヤーは音質がいいと多くの人に評価されている場合であっても、自分が使ってみたら案外そうでもなかったということは少なくありません。なので、音質を基準に選びたいのであれば、必ず試聴して比べるようにしましょう。次に、音楽ファイルをどれぐらい保存できるのかという容量も重要な比較ポイントです。ただ、今はメモリーカードを差し込んで容量を後から拡張できるプレイヤーが多いため、搭載メモリーが少ないプレイヤーを買ったとしてもなんとかなります。しかしながら、拡張できないタイプのプレイヤーもまだ存在するので、そういったものを購入するのであればできるだけ容量の多いものを選ぶようにしましょう。

インストールされているコーデックの数が多いと便利

再生できるファイルタイプの数も大事です。音楽ファイルはエンコーダーと呼ばれるプログラムで圧縮されています。これをコーデックというプログラムで復元するわけですが、プレイヤーにインストールされているコーデックが少ないと、再生可能な音楽ファイルのタイプも少なくなります。すると、友人からもらった音楽ファイルを再生できないといったことが出てくるので、できるだけたくさんのタイプの音楽ファイルを再生できるプレイヤーを選ぶといいでしょう。コーデックの数はプレイヤーの価格とある程度比例しているので、コーデックの多さを重視するなら極端に安いプレイヤーは避けた方が無難です。

音楽プレイヤーのアプリを選ぶ際には、使い勝手の良さを重視することで、いつでも手軽に音楽を楽しめるようになります。