入社から半年後に研修をおこなう!?実は他にもメリットがある

入社から後半年経過した時におこなう研修

新入社員が入社した際に研修をおこなう企業が多いです。大企業であれば研修後に新入社員がそれぞれの地域に配属されます。配属されるとそれぞれの支店や事業所などのトップや周囲の社員次第で成長の仕方も変わってきます。そのため入社後半年たった時期で再度本社等に新入社員を集合させてフォロー研修を実施する企業も多くあります。入社して早々教育したことができているかどうかを確認し改めて身につけさせるにはいい場になります。

同期の成長を感じること

このフォロー研修のメリットは、新人研修で指導したことを再確認をおこなう以外に、ばらばらになった同期が再会出来る点にあります。それぞれの支店等でどのような働き方をしているのか、またどのような支店なのかを話したりして楽しみます。またお互いの成長を感じることもでき、自分もがんばるぞというモチベーションの上昇にも繋がります。特段指導しなくても、半年間社会人として働いた経験を互いに持ち寄り、より成長を促し合うことができます。

実際に同期に合うメリット

最近ではインターネットの普及によって、わざわざ集まらなくてもネット回線を利用した会議や研修もおこなうことができる環境にあります。研修自体はそれでいいのかもしれませんが、実際に会って研修をおこなうことにはネット回線では伝えきれない、また感じ取れない人との触れ合いというもがあります。特に新人の間は同期が近くにいなく気軽に話しをしたり相談できる環境にないため実際に同期に会うことでガス抜きをすることもできます。

社員研修では普段の業務内では行わないことができ、ビジネスマナーの見直しや職員同士のコミュニケーションを深めることができます。